コスパ最強!スイーツグランプリの通販 2017年度 メッセージカーネーションを楽天ポイントで購入ならコチラ 2017年度 スイーツ

自分用と年上の従妹に送りました。中津川の栗きんとんは有名なんですってね。干柿が柔らかく!スゴク甘ーい!!!肉厚で とろけるような果肉と甘さに大絶賛!さすが市田柿!ギュッと栗きんとんが丁寧に詰められていて!可愛らしいサイズだけど食べ応えがある!肉厚の甘い柿と滑らかな栗きんとんが一緒になると!すごく贅沢な味わい♪♪♪絶品だそうです。

コスパがいい♪

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

ポイント カーネーション メッセージ スイーツグランプリ スイーツ プレゼント楽天総合ランク1位【母の日早期予約でポイント2倍7大特典付】カーネーション付★メッセージカード★楽天認定スイーツグランプリ1位獲得【送料無料】岐阜中津川栗きんとん5個栗柿5個入り3,350円干し柿の中に栗きんとん(和菓子 スイーツ プレゼント 花束 お菓子 母の日ギフト)

詳しくはこちら b y 楽 天

ダメもとで誕生日頃発送お願いしましたら、快くお願いを聞いてくれ、無事誕生日に届きました。また是非!贈り物として使いたいと思いました。割引などの特典があれば度々購入したいのですが!今回が初めてでしたので!又よく調べてからお願いします!(*^ー^)ノ♪:昨年 敬老の日に「栗柿」を贈ったところ…大変喜んでもらえたので!この度は母の日のプレゼントに「栗きんとん&栗柿」のセットを贈りました。指定通り、本日到着致しましたー♪お茶の時間を待たず、早速いただきましたが、予想以上の美味しさに感激!大好きな栗きんとんも初めての柿くりも、ほどよい甘さと素材の良さが口の中に広がり、贅沢な時間を堪能させて頂きました。御届け物ですが!美味しかったと連絡がありました。またお願いして今度は母宅と祖母宅と2軒に贈りたいと思います。包装もいい感じでした。そして!今年は初めて私も食べることができ!母の好みドンピシャだったことが改めて分かりました。私も食べてみたいけど!北海道は送料がかかるんですね。(#^.^#)普段のおやつとしては高価過ぎますが!また直ぐに食べたくなる逸品です♪お正月の一品に!またお年賀用としてもピッタリなので!是非またリピートさせていただきたいと思います。食べてみたかったから、ありがとう!と。とても喜んでもらえるので!来年も利用したいと思います。似た様な物を何点か食べましたが、これは美味しかったです。。また来年も送りたいと思います。かなり喜ばれましたょ。贈った直後他県に住む祖母の所に行くとのことで!珍しいので栗きんとん!栗柿を持っていくと言いました。ピンク色の不織布に丁寧に包まれていて、包みを開けるのにウキウキ&ワクワク♪中は一つづつ個包装になっていて、高級感を感じたようです。プレゼントに送りましたが、カードも色々選べたし、美味しかったようなので、良かったです。祖母は退院したばかりで入院中は点滴で栄養を採っていましたが、両方とも美味しい美味しいと食べたそうです。両親と祖母に大変喜んで食べてもらえました♪母の日特別ラッピング!造花のカーネーションや選べるメッセージカードを一緒に付けて送って頂き、ありがとうございました!素敵な母の日のプレゼントになり「くり屋 南陽軒」で注文をして良かったです!また是非贈り物に「栗きんとん・栗柿」を注文したいです♪誕生日にプレゼントしています。普段贅沢をすることのない祖母にも食べてもらえて!喜んでもらえてとても良かったです。私は食べてないのですが、喜んでくれたようです。母の誕生日に毎年送っています。中に干し柿が入っていたのが特に気に入ったみたいです。柿栗きんとんがメチャメチャ美味しいと、おっしゃって下さいました。親友に送って!とても美味しいと喜ばれました。とてもおいしかったです。が!今年は忙しく気づいたら誕生日は目の前。口に入れれば…ホロッと崩れ、そしてスゥーっと溶けていく「栗きんとん」の滑らかな舌触りに うっとり♪栗の風味が良く 上品な甘さで、丁寧に作られている様子が感じる♪次に食べた「栗柿」は、以前食べた時の感動が蘇ってきたようです。買って良かったです!おいしかったです〜お値段的には苦しいですが!ごほうび的な感じで購入しました。美味しく頂きました。栗きんとんの甘さも、食感も、申し分ないです。ホワイトデーのお返しです。母に敬老の日を兼ねて贈りました。栗きんとんと干し柿と言う贅沢な組み合わせ。私は食べてませんが、90歳の祖母に喜んで貰えて良かったです。とても美味しかったです!私は栗きんとんの方が美味しかったですが!従妹たちは干し柿のが美味しかったと言ってました。母が、くりきんとんが素朴で栗本来の味が感じられて美味しかったと言ってました。母も口では毎年こんな素敵なものじゃなくても・・・と言いながらも!今年も楽しみに待ってくれていたようです。